フォトフェイシャル「M22」とは?特徴や期待できる効果をチェック!

こんにちは!札幌のル・トロワにあるビューティクリニック「Vogue」です。

 

肌トラブルに幅広く対応でき、美肌へと導いてくれるフォトフェイシャル「M22」。

どのような肌のお悩みに効果的なのか、ご存じでしょうか?

 

今回のコラムでは美肌治療の1つであるフォトフェイシャル「M22」についてご紹介いたします。

特徴や期待できる効果、注意点や施術の流れなどを詳しく解説します。

 

 

フォトフェイシャル「M22」とは?特徴をご紹介

フォトフェイシャル「M22」は、厚生労働省より薬事承認を受けている医療機器です。

IPL (Intense Pulsed Light)と呼ばれる光をお肌全体に照射することで、肌のシミやくすみ、赤ら顔など、様々な肌トラブルの改善が期待できる治療です。

 

M22には、波長の異なる6種類のフィルターが用意されており、それぞれ肌の内部に届く深さが異なります。

一人一人の肌のお悩みに合った波長のフィルターを選択することが可能です。

 

また、肌のコラーゲンの生成を促してキメを整え、ハリ・小じわ・毛穴などを改善して美肌へと導きます。

肌への刺激や痛みが少なく、施術後はダウンタイムの心配が少ないという特徴もあります。

 

フォトフェイシャル「M22」とレーザートーニングの違いは?

フォトフェイシャルに似た治療方法に、レーザートーニング(レーザー治療)と呼ばれるものがあります。

レーザートーニングは、微弱な出力でレーザーを照射し、シミや肝斑などの原因になるメラニン色素を少しずつ減らす治療方法です。

 

光の刺激で肌トラブルを改善するという点は似ていますが、ターンオーバーによりシミを薄くしていくフォトフェイシャルと、根本的にシミ治療を行うレーザートーニングは治療方法が異なります。

 

どちらの方法が自分の肌に向いているのか、カウンセリング時に医師と相談してみてくださいね。

 

 

フォトフェイシャル「M22」の効果をチェック!

フォトフェイシャル「M22」は、以下のような悩みがある方におすすめです。

 

透明感のある肌を目指したい

肌は紫外線や摩擦によりメラニンが生成されて色素が沈着し、シミやくすみなど様々な肌トラブルを引き起こします。

フォトフェイシャル「M22」は、黒い色素や赤い色素に吸収される性質があるため、表皮層のメラニン色素に照射することで色素にダメージを与え、シミやくすみなどを薄くします。

 

ただし、​​肝斑は通常のシミとは性質が異なり、強い出力で照射を行った場合、悪化してしまう可能性もあります。

医師の指示の下、フィルターや出力を調整しながら施術を行いますが、施術を行うにあたって、期間をあけたり内服薬の服用も併せて行う必要がある場合もあります。

 

肌にハリやツヤが欲しい

美肌成分を作り出す細胞である「真皮のコラーゲン線維」や「線維芽細胞」が衰えると、肌のハリ感がなくなり、毛穴や小じわが目立つなどの影響が出てきます。

 

フォトフェイシャル「M22」を真皮深層に照射することで、真皮のコラーゲン線維や線維芽細胞を活性化させます。

それにより、肌のハリや弾力がアップし、毛穴・小じわの改善につながります。

 

顔の赤みを抑えたい

赤ら顔やニキビ跡の炎症の原因には、毛細血管の拡張や顔面のほてりなどが考えられます。

フォトフェイシャル「M22」の照射により、余分な毛細血管を収縮させ、赤みを抑える効果もあります。

 

 

フォトフェイシャル「M22」施術の注意点

 

フォトフェイシャル「M22」は、施術できない場合もあります。

施術できない肌の状態についてと、施術後の注意点をご紹介します。

 

施術が受けられない方

  • ・日焼け直後、または、日焼けによる赤みや皮むけがある方
  • ・施術部位に炎症、湿疹、痒み、カサブタがある方
  • ・妊娠されている方
  • ・光線過敏症、過去に金製剤の抗リウマチ薬内服歴がある方
  • ・肝斑の所見がある方(お肌の状態によっては施術が可能な場合もあります)

 

施術後の注意点

「M22」を照射後は、一部シミの部分が反応し、マイクロクラストという黒い小さなカサブタのようになることがあります。

このカサブタは1〜2週間程で剥がれ落ちますので、無理に剥がさないようにしてください。

 

また、皮膚の薄い部位やシミの濃い部位は痛みを感じることもあり、シミやソバカスが数日後に濃く浮き出てくる場合もあります(メイクでカバーできる程度)。

回復していく過程で出ることのある症状なので、数日後に自然にとれることがほとんどです。

 

施術した部分に少し赤みが現れることがありますが、こちらも数日で解消することが多いでしょう。

 

照射後は日焼けに十分に注意し、3〜4週間程度は強い日差しを浴びることは避け、日焼け止めを塗るなど紫外線対策を行なってください。

 

洗顔や入浴は当日より可能です。

ただし熱いお湯の使用は控え、洗顔は優しく行うようにしましょう。

 

 

フォトフェイシャル「M22」の施術の流れ

フォトフェイシャル「M22」の施術の一般的な流れもご紹介します。

 

【1】カウンセリング

お肌のお悩みや肌の状態を見ながら、カウンセリングを行います。

 

【2】クレンジング・洗顔

クレンジングや洗顔料で、日焼け止めやメイクを落としていただきます。

 

【3】施術

光から目を保護するために、アイガードを使用します。

 

光を透過するようジェルを塗付し、その上から「M22」をお顔全体に照射します。

さらに重ねて、シミのある部分に少し強く当てます。

部位によりますが、光があたるとチクっとした軽い刺激を感じることがあります。

 

施術時間は、おおよそ30分前後です。

 

【4】施術後

フォトフェイシャルM22の照射後は、施術直後からメイクが可能です。

 

 

フォトフェイシャル「M22」はお肌全体に効果的な光治療!

フォトフェイシャル「M22」は、IPLと呼ばれる光を使用し肌トラブルに幅広く対応した光治療です。

肌の内部に届く深さの異なる6種類の波長のフィルターが搭載されていて、一人一人の肌のお悩みにあわせてフィルターの選択が可能です。

 

肌のコラーゲンの生成を促してキメを整え、シミ・ハリ・赤ら顔・小じわ・毛穴などを改善し美肌へと導きます。

 

フォトフェイシャル「M22」では、痛みはほとんどなく、施術直後からメイクも可能です。

ただし、日焼けによる赤みや皮むけがある方、光線過敏症の方などは、施術を受けられない場合もありますので、カウンセリング時に医師と相談するようにしてくださいね。

 

札幌のル・トロワにある美容クリニック「Vogue」でも、フォトフェイシャル「M22」をはじめ、肌の悩みにあわせた様々な美肌メニューをご用意。

お悩みを抱えている方は、ぜひご相談ください。

患者様お一人おひとりの症状や原因にあわせて、最適な治療方法をご提案しています。

 

Instagramでも情報を発信しておりますので、あわせて参考にしてみてくださいね。